​home | オンライン陳列展 | 张何添

Zhang He Tian

2000年に湖北省黄石市に生まれる

私立東呉大学のアニメーションと絵本を専攻2年生

展示:
2016年上海cult展
2017上海ピエールメナード美術学校実験美術展
2018 Hu Bei Meiyuan LoverPoe野外美術展
2019釜山国際ECOアートフェスティバル-AGOアジアGraphicsOlympiadデザインコンペティションのブロンズ賞と優秀賞

 

自己紹介
子供の頃から絵を描くのが大好きで、2歳くらいのときに意識的にペンを持って紙に走り書きしたそうです。自分を表現するために話したり書いたりする必要があるのと同じように、絵画は私の本能だと感じられています。
絵画では、自分の内面を視覚的に表現することができ、心が安らぎます。ペンで描く限り、絵はとてもシンプルでクリアなものです。自分の心を見ることができ、とても美しいと思います。言語と文章は到達できず、到達できないという認識、絵画は到達できます。私も自分を表現するために最善を尽くしています。これは時間と空間を超えた意味です。
私の心は絶えず変化していて、私の心はスタイルによって固定することができないので、私はスタイルの固定を大切にしません。言い換えれば、スタイルは、捏造された様式化された認識ではなく、本来あるべき私の本質の現れです。私の絵では、自分の気持ちが生きていることを確認したいと思っています。その瞬間に暴力的であろうと穏やかであろうと、それは本物である必要があります。
今から1万年後もまだ人間がいるとしたら、私の作品を見て、きっと私の気持ちを感じられるだろうか。そうなると、私の人生は無駄になっていないと思っています。