​home | 協会紹介 

表演藝術

協会主旨

日本と海外文化の交流を促進し、社会の調和を目指し、複合藝術を通じて、さまざまな文化交流イベントを行う、人と人、国と国とのつながり為に立ち上がった社会団体。

事業内容

芸術教育、機関誌「複合アート」、会員作品展覧会、交流イベント

事業目的

・日本に登場したい外国人アーティストらに支援

・海外に発信したい日本人アーティストに支援

・新たな芸術体験環境を創造するためにアーティストと普通市民の交流場

 

複合芸術の定義

​​複合: アート ✖ 社会

人間は自分が何を見ているのか理解しようとしている時、身体の限界と認知の可能性についても探検している。芸術が称されることができるかどうかの基準としての感官の愉悦性からだけであるならば、膨大な塊の芸術から言うと、不公平である。したがって、私たちは、異なる分野で働いていて芸術に好奇心を持っている人々と芸術家を一緒にして、芸術界以外の人々に芸術の誕生に直面させようとしている。また、芸術家に世界とのつながりについてもう一度考えさせましょう。学際的な協力に加えて、私たちは、それぞれの分野の知識を内面化して、人々によって作られたユニークな作品のコミュニケーション、また途切れることがない人間と知的の交換を強調する。これによって、人間の未知能力を無限に探求することができる。 おそらく、いくつかの障壁を打ち破り、芸術をもはや単純でも複雑でもなくすことができるだろう。

 

複合: 文化 ✖ 文化

グローバル経済統合と国境を越えた経済システムの大きな変化の波の中で、人々が馴染んでいる様々な社会的外観は統合の波の影響を受け、日々その本来の姿を変えている。個人は、社会の縮図として、個人の幾何形状のコレクションとしての文化、縦横に交錯している異文化の時代に、私たちは 真正面から光彩陸離を驚嘆して、目まぐるしさを気がすることもあり、ただ一炊の夢と嘆じることもある。人々が長い間ある特定の考えによって影響を及ぼされるとき、それは全部の想像力を独占し、徐々に他の考えの影響を排除し、その存在を制限することをあえてするすべての心を破壊する。グローバリゼーション時代に生きている私達、文化が国境を越えた輪の中で複合され、吸収され、新生ことができるように、さまざまな文化の中で文化的な自己特性の進化を促進したいと思います。

 

複合: アート ✖ アート

アートは人を夢中させ、畏敬させ、その源と終点が探検することを数人に召喚している。無限大は人々に欣快な恐怖を感じさせることができる:実際に目で見え、まだ本質的に無制限なものがない。エドマンド・バークは、芸術そのものが芸術を創造する方法の規則を提供することは不能であると考えていて、これが、アーティストと詩人が狭い範囲に限定されている理由:彼らは自然そのものの模倣よりもお互いを模倣するようなものである。芸術の本当の基準は、みんなの力にあり、最も一般的なこと、さらには自然界で最も日常的なことを簡単に調べると、最も真実な原則を見つけることができる。私たちは、無限の芸術から力を集めて、心が知覚することができる最も強い感情から来る崇高さを作り出したいと思う。

 

 

 

 

​​

 

​​