Email: info@jicaa.com

 

一般社団法人・日本国際複合芸術協会

〒 162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1 

東京ボランティアセンター No.104

  • Facebook

follow us

「Etranfire」というのは見知らぬ人とあった瞬間に同じものに対して共感が浮かび上がったままに感じられる喜びの感情を示す抽象語です。

 

この活動は、本協会の複合芸術の主旨に基づいて、「芸術と社会の複合」のテーマとして公益活動です。芸術を通して人々の間に立てた壁を打破して、アートは日常生活に溶け込むようになることを実践する。

芸術と社会の複合的な過程を研究するために、私たちは 2 人の代表者をして選びました。現代の青年芸術家と私たちの日常生活には離れられないのコンビニです。

 

● コンビニ
コンビニが日本で提供しているサービスは、最初の 24 時間の営業から、水電炭や保険、税金などの各種非公共事業費、ATM 機の開設、宅配便、現在の宅配便に至るまで、日本のコンビニは「便利」をほぼ極致した。コンビニはほとんどの日常が必要です。コンビニは、小さな社会の縮図であり、これもなぜコンビニを「社会」というキャラクターの原因です。

● 若いアーティスト
今の若者はネットの科学技術が発達していて、世界が手に入れた時代である。そのため、「低欲望社会」の形成にもつながりました。現代の芸術の多様な発展の今日、ますます多くのメディアや新しい形式が適用されます。作品の本質を評
価するのは、その表現の形式ではなく、その行動によって定義されています。もし、この行動が起こった場所には、この行動には何の意味もないなら、この作品の意味はまだ成立しますか。次世代のアーティストを「芸術」というキャラクタ
ーとして目的は、彼らが時代感に富んでいて、このプロジェクトを設立するための目的を代表することができることです。

 

 

 

 

● 人間とアートの関連を探索 

● 身体の慣性(日常習慣)を打ち破る実験の体験を創り

● 感性の審美意識を激発                

● 社会構成における人間性につく感知伝達の面から観察