Email: info@jicaa.com

 

一般社団法人・日本国際複合芸術協会

〒 162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1 

東京ボランティアセンター No.104

  • Facebook

follow us

紹介

 日本国際複合芸術協会は、芸術展示や国際文化交流による非営利団体です。2016年から協会の創設者・石西京が第1回「中国写真家作品日本巡回展」の公益展を開催するの上、2年間の努力と探求を経てから2018年に日本東京で正式に登録しました。外国人によって立ち上がった芸術分野の非営利団体として、私たちは積極的な探求と様々な芸術の生存方式を試みています。芸術や文化の分野での最前線で働っているアーティスト、キュレーター、作者、学者、歴史研究者などとの議論を通して、多文化共生の複合組織になることを期待しています。

 この前提では、私たちはAIRプロジェクトを借りて、日本を中心に、国際的なアーティストなどの方を募集し、同様にプロではないアート愛好者の参加者も招って、AIRの在留期間を通して自らの創作思考を深め、地元の芸術界と文化界との積極的な会話を展開するよう励ます。同時に、私たちはAIRの申請者たちが大学の講座や文章の発表などの形式で駐留している間の研究の心得や作品を呈することを期待しています。

申請資格

独自の思考精神と仕事の実践がある申請者を優先します。私たちは研究の基礎がある、創造性のある、実践と関係のある芸術プロジェクトを励ましています。多角化の申請者はこのAIRプロジェクトの根本的な前提を展開するので、私たちは異なる背景の芸術を実践する者を日本に引き付けることを望んで、芸術、生活、社会、未来、などの多種の真実な問題に対する検討を展開します。

在留期間

少なくとも在留期間は1ヶ月で、通常、申請者は2ヶ月間の在留作成計画書を提供することを提案します。

必要書類

私たちは次のような材料が必要です。

-駐留陳述(英語A 4紙1ページ、中国語2ページ以内)の申請の原因及び日本期間の作業計画を説明する。

-個人の作品または文章集

個人の履歴書

-本人の写真

連絡先:info@jicaa.com